D-BACでは勝てない?

お陰様で、私の開発したバカラ攻略ロジックに多数のお申し込みをいただいております。

さて、相変わらず、D-BACの会員だった方からのお申し込みが非常に多いです。

みなさんからのヒアリング結果をもとに、なぜD-BACで勝てない人が多いのか?をまとめてみました。

いつか破産する

セミナーで「含み損があっても、続けていれば含み損は減っていきますよ」とか、「負け越しが10くらいあっても、いずれ利益化するので、そのまま続けてください」と教わるそうです。

これが、D-BACで破産する方が多い最大の要因でしょうね。

例えば、ある時点までに負け越しが10あったとしたら、そこからさらに負け越しが10増える可能性があるということを忘れてはいけません。

「これだけ負け越しているから、そろそろ勝ち越すだろう・・・」という考えは、確率論を無視した希望的観測に過ぎません。

バカラなどのトランプゲームでは、それまでに出たカードの偏りが、今後のゲームの結果を左右するため、独立事象であるサイコロ振りなどと違い、連勝連敗が起こりやすいことがわかっています。

そういった観点からも、バカラは「連敗が発生しやすい」ということを頭に入れておかなければなりません。

どれだけ優秀なベッティングシステムでも、統計的に分析した損切りルールを設けておかないと、せっかくコツコツと積み上げた利益が、一度の大敗で全て吹き飛ぶことになってしまいます。

今のところ、D-BACで破産していない方も、適切な損切りルールを設けていないのであれば、破産予備軍だと言えるでしょう

バカラの予想は不可能

D-BACには、バカラの出目(プレイヤー or バンカー)を予想してくれるロジックがあるそうです。

以前の記事「D-BACって実際どうなの?」でも書きましたが、バカラで出目を予想するのは不可能です。

それでも、「予想が当たる」と感じている方は、一度ご自身とD-BACの戦績を記録してみてください。

試行回数が増えれば増えるほど、どちらの勝率も48〜49%に収束していくはずですから。

最後に

ロジックZは、数学者である私が、膨大なデータを分析したうえで、数学的、統計的にあぶり出した攻略ロジックです

もちろん、確率論に基づいた損切りルールも含まれています。

これにより、オンラインカジノをギャンブルではなく資産運用ツールとして、堅実に資金を増やすことが可能になります。

ご興味あある方は、LINEの↓より友だち登録をお願いします。

LINE ID: @naa3940i
※検索する際は、@もお忘れなく。

こちらからも登録可能です。
友だち追加

↓他の人の攻略法はこちら

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

シェアする

フォローする