カジノを打ち負かした男

さて、今回はカジノ業界に大きな影響を与えた天才数学者の話です。

1950年代、マサチューセッツ工科大学 (MIT)の数学講師だったエドワード・オークリー・ソープは、数学的なブラック・ジャックの必勝法を研究していました。

そして、ソープは、カウンティングとよばれる手法により統計的に優位になることを発見し、これを実証するために実際にカジノに乗り込みます。

その結果、$10,000の資金を2日間で2倍以上に増やしたソープは、1962年に、この必勝法を解説した書籍「Beat the Dealer(邦題:ディーラーをやっつけろ!)」を出版し、カジノ業界を震撼させました。

この手法を実践して儲ける人があまりにも多く続出したため、現在では、カジノ側はブラックジャックのルール変更、管理方法の変更を余儀なくされました。

その後、この理論が他の分野にも応用できることを発見したソープは、株式投資に転用し、またもや莫大な利益を築き、株式市場で科学的に利益を上げることが可能であることを証明しました。

このソープの実績は、その後の多くの投資理論、取引方法の基礎になったと言われています。

ソープをはじめとした天才科学者たちが、投資やギャンブルの攻略に挑んだエピソードについて書かれたこの本も、とても参考になります。

ソープは自身の著書で、「優位性とは、確率を計算できる者に訪れる偶然のなかの必然性である」と語っていますが、全くその通りだと思います。

私が伝授しているオンラインカジノで稼ぐロジックも、膨大なデータを分析したうえで、数学的、統計的にあぶり出したノウハウです。

これにより、オンラインカジノをギャンブルではなく資産運用ツールとして、堅実に資金を増やすことが可能になります。

このロジックを使って、2ヶ月で資金を100倍以上にした人も多数登場していますので、ご興味ある人は、ぜひお問い合わせください。

↓他の攻略法はこちら

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

シェアする

フォローする