グランマーチンゲール法

先日、ベッティングシステムの1つである「マーチンゲール法」についての考察を投稿しましたが、今回はそのマーチンゲール法のアレンジ版である「グランマーチンゲール法」についてです。

マーチンゲール法は、負けた場合に賭け金を2倍にしていく手法でしたが、このグランマーチンゲール法では、負けた場合に、直前の賭け金の2倍+α(自身で決めたベット金額)していくという更に攻撃的な手法です。その手法の特性から大マーチンゲール法と呼ばれることもあります。

マーチンゲール法は、連敗を脱出した場合の利益が最初のベット金額分にしかなりませんが、このグランマーチンゲール法では、最初のベット金額に加えて「+α×負け数」の利益がさらに加算されることになります。例えば、スタートの賭け金を$10、+αを$10とした場合、利益の増減は次の様になります。

試行回数 賭け金 勝敗 累計利益
1回目 $10 × -$10
2回目 $30 × -$40
3回目 $70 × -$110
4回目 $150 $40

もう1例。スタートの賭け金を$10、+αを$30とした場合は、下記の様になります。

試行回数 賭け金 勝敗 累計利益
1回目 $10 × -$10
2回目 $50 × -$60
3回目 $130 × -$190
4回目 $290 $100

この手法のメリットは、連敗が続いていても1回の勝ちでそれなりの利益が残せることですが、デメリットは言うまでもありません、マーチンゲール法と同様に連敗が続くと賭け金・損失があっと言う間に膨れ上がってしまうことです

例えば、スタートの賭け金を$10、+αを$30で10連敗した場合の賭け金・損失は下記の様になります。

試行回数 賭け金 勝敗 累計利益
1回目 $10 × -$10
2回目 $50 × -$60
3回目 $130 × -$190
4回目 $290 × -$480
5回目 $410 × -$890
6回目 $850 × -$1,740
7回目 $1,730 × -$3,470
8回目 $3,490 × -$6,960
9回目 $7,010 × -$13,970
10回目 $14,050 × -$28,020

賭け金$10(約1,110円)でスタートしたにも関わらず、9連敗すると次の賭け金は$14,050(約1,560,000円)になり、それでも負けて10連敗すると、損失は$28,020(約3,110,000円)になってしまいます。これでは、いくらお金があっても足りません。

以上のことから、このグランマーチンゲール法は、勝率が高く連敗が続く可能性が極めて低いゲームではとても有効ですが、カジノのゲームの様に連敗が続く可能性があるものでは、破産する可能性の高いハイリスクな手法といえます

では、「どの様なベッティングシステムなら勝てるか?」を知りたい方は↓からLINEの友だち登録をお願いします。僕の伝授している攻略ノウハウは、「出目を予想する」とか「勝率を上げる」等という非論理的なものではありません。あくまでも、バカラを資産運用として捉え、堅実に資金を増やすテクニックを伝授させていただきます

ご興味ある方は、↓からLINEで友達登録をお願いします。

ちなみに、つい最近、この攻略法を実践した僕の生徒さんは、わずか57日間で10万円の元手を770万円にまで増やしました。

LINE ID: @naa3940i
※検索する際は、@もお忘れなく。

こちらからも登録可能です。
友だち追加

↓から他のオンラインカジノ情報が見れます。

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

シェアする

フォローする