ケリー基準はオンラインカジノで通用するか?

オンラインカジノで勝ち続けるには、賭け金のマネージメントが絶対的に重要です。賭け金は直感的に決めるのではなく、数学的な根拠に基づいて決める必要があります。

今回は、その資金管理に関する経済学の法則である「ケリー基準」を検証していきます。ケリー基準とは、アメリカの科学者ジョン・ラリー・ケリー・ジュニアによって考案された、ギャンブルや投資など不確実性のある状況において収益を最大化する資金配分を導く法則です。

ケリー基準は、次のような公式で計算されます。

f = ( ( R + 1 ) P – 1 ) / R

この式によって、勝てば賭け金のR倍が報酬となるゲームで、1ゲームあたりの勝率がPだった場合に、資金に対する最適な賭け金比率であるfが求められるとされています。

例えば、1回の勝利で賭け金分(R=1)が報酬となり勝率が52%のゲームでは、以下のようになります。

((1+1)0.52-1)/1=0.04 = 4%

したがって、この場合では資金の4%を1ゲームあたりの賭け金にすることが最適だということになります。

では、カジノのゲームのように勝率が50%以下になる場合はどうでしょうか?例えば、バカラのように1回の勝利で賭け金分(R=1)が報酬となり、勝率が48%のゲームで計算してみます。

((1+1)0.48-1)/1 = -0.04 = -4%

最適な賭け金であるはずの答えがマイナスになってしまいました。

実は、ケリー基準では、最適な資金比率である計算結果(f)が0以下になった場合は、「その賭けは参加するべきではない」と考えられているのです。

したがって、どのゲームも勝率が50%以下になるオンラインカジノにおいては、残念ながらケリー基準は通用しません。

しかし、ケリー基準は、非常に優秀な資金配分法として、発見から50年以上たった現在も幅広く活用されています。例えば、株式投資、FX、バイナリーオプションなどで50%を超える勝率が見込める手法をお持ちの方は、試してみる価値があると思います。

では、「どの様な資金管理法なら勝ち続けることができるのか?」を知りたい方は↓からLINEの友だち登録をお願いします。私の伝授している攻略ロジックは、「出目を予想する」とか「勝率を上げる」等という非論理的なものではありません。あくまでも、バカラを資産運用として捉え、堅実に資金を増やすテクニックを伝授させていただきます

ご興味ある方は、↓からLINEで友達登録をお願いします。

ちなみに、つい最近、この攻略法を実践した僕の生徒さんは、わずか57日間で10万円の元手を770万円にまで増やしました。

LINE ID: @naa3940i
※検索する際は、@もお忘れなく。

こちらからも登録可能です。
友だち追加

↓から他の攻略法が見れます。

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

シェアする

フォローする