マーチンゲール法

以前にも書きましたが、バカラには勝率を上げる攻略法は存在しません。それなのに、なぜバカラに強い人弱い人が存在するのか?それは、資金管理法とベッティングシステム(賭け方の戦略)を駆使している人とそうでない人がいるからです。また、全く同じ戦績でも、終わってみたら利益が出ている人と損している人がいます。それは資金管理法とベッティングシステムが異なるからです。

今回は、そのベッティングシステムの1つである「マーチンゲール法」についてお話します。マーチンゲール法は、ずいぶん昔から存在していて最も有名なベッティングシステムだと言われています。

マーチンゲール法の賭け方はシンプルで、負けたら次の賭け金を2倍にしていき、これを勝つまで繰り返していくという方法です。その賭け方から、「ダブルアップ」、「倍々法」と呼ばれることもあります。例えば、3連敗後に1勝した場合の賭け金、利益の増減は次の表の様になります。

試行回数 賭け金 勝敗 累計利益
1回目 $10 × -$10
2回目 $20 × -$30
3回目 $40 × -$70
4回目 $80 $10

この様に、連敗していても、1回の勝ちで最初の賭け金分だけ利益が出るので、永久に負け続けない限りいつかは利益が出るということになります。

一見すると、非常に優れた必勝法のように思えるマーチンゲール法ですが、致命的な欠点があります。下の表を見ていただいてもわかる通り、連敗が続くと、あっという間に賭け金・損失ともに大きく膨れ上がってしまうということです

試行回数 賭け金 勝敗 累計利益
1回目 $10 × -$10
2回目 $20 × -$30
3回目 $40 × -$70
4回目 $80 × -$150
5回目 $160 × -$310
6回目 $320 × -$630
7回目 $640 × -$1270
8回目 $1280 × -$2550
9回目 $2560 × -$5110
10回目 $5120 × -$10230

賭け金$10(約1,100円)でスタートしたにも関わらず、9連敗すると次の賭け金は$5120(約563,200円)になり、それでも負けて10連敗すると、損失は$10230(約1,125,300円)になってしまいます。仮に、次は勝ったとしても、1回に100万円以上もの大金を賭けたにも関わらず、得れる利益はたったの約1,100円です。ハイリスクローリターンもいいところですね。

「9連敗なんて、まず発生しないのでは?」とお思いの方もいると思いますが、バカラでは9連敗程度であればけっこう発生します。したがって、バカラの様な勝率50%弱程度のゲームでは、マーチンゲール法はリスクが高いため有効ではありません。

では、「どの様なベッティングシステムなら勝てるか?」を知りたい方は↓からLINEの友だち登録をお願いします。僕の伝授している攻略ノウハウは、「出目を予想する」とか「勝率を上げる」等という非論理的なものではありません。あくまでも、バカラを資産運用として捉え、堅実に資金を増やすテクニックを伝授させていただきます

ご興味ある方は、↓からLINEで友達登録をお願いします。

ちなみに、つい最近、この攻略法を実践した僕の生徒さんは、わずか57日間で10万円の元手を770万円にまで増やしました。

LINE ID: @naa3940i
※検索する際は、@もお忘れなく。

こちらからも登録可能です。
友だち追加

↓から他のオンラインカジノ情報が見れます。

にほんブログ村 小遣いブログ オンラインカジノへ

シェアする

フォローする